ナナフラの鬼神・麃公を5凸にした理由は?限界突破シリーズ!

ナナフラの星7麃公が手に入らないので鬼神・麃公を育ててみたw

こんにちは、フーゴ(@fugo222game)です。

星7麃公を狙ってリベンジガシャをやったんですが、
あっけなく爆死してしまいました。

>>関連記事 ナナフラ星7麃公を狙ってリベンジガシャをやった結果は?

最近はガシャ運が絶不調なので、
こういった時は気持ちを切り替えて、
今いる武将を愛でる方向に突っ走ります!!

ということで鬼神・麃公を5凸にしてみたので、
なぜ限界突破をする武将に選んだのかという理由と
麃公の魅力&弱点などの考察をまとめてみました。

もしよかったら何かの参考にしてみてください。

ナナフラの鬼神・麃公(本能型の将)の魅力と評価している部分は?

まずこの鬼神・麃公(本能型の将)なんですけど、
魅力としてはとにかくDPSが高いことですね。

>>関連記事 ナナフラの星6武将・DPS(攻撃/秒)ランキング!トップ10は?

これは将章などで盛っちゃってるんですけど、
それを抜きにしても星6武将の中で2位につけています。

おまけに攻撃速度も86と高いし、
会心率もトップ20に入るくらい高いです。

さらに使ってみて分かったんですけど、
必殺技ゲージが溜まる速度が速いんですよね!

これも地味に評価しているポイントのひとつです。

その他の魅力というと、やっぱり持っている武将との相性があって、
例えば武属性なので鬼神・録鳴未と一緒に使いやすいです。

大将技能も武属性の即撃ち系なので、
武将としても大将としても使えるということで、
使い勝手がいいっていうのも魅力ですね。

やっぱり赤特武将以外で限界突破をするんだったら、
使える場面が多い武将を優先したいところです。

必殺技も対象中心の円形広範囲なので合従戦のアタッカーもできるし、
おまけに範囲内の敵の攻撃速度まで下げてくれます。

ナナフラの鬼神・麃公(本能型の将)の弱点といえる部分は?

魅力的な部分をつらつらと並べ立てましたけど、
今度は弱点といえる部分です。

攻撃面では優秀なんですけど防御は薄いです。

さらにHPがあまり高くないので、
放っとくと死にかけてる時があります(笑)

将章もかなり優秀な方ではあるんですが、
1つ目がひし形のCってところが切ないですね。

基本的にはそのくらいでだいぶ良い武将だと思います。

もちろん持っている武将とのバランスなんですけど、
僕の持ってる中だとなかなか渋い活躍をしてくれますね。

なにげに一騎打ちGRがSプラスなのもグッドです!

ナナフラの鬼神・麃公を5凸まで限界突破した理由は?

そんな鬼神・麃公なんですが、
限界突破の成長具合はこんな感じです。

武属性パーティの必殺技・即撃ち系大将として使うには、
3凸まですればいいので、そこまでは入手した時に凸りました。

そのあと合従戦で赤特がいない時にアタッカーとして使ったので、
そのついでに4凸まではしたんですよね。

ここで4凸→5凸にするかどうかを悩んだんですけど、
やっぱり将章の丸Aをつけれるというのが決め手になりました。

4凸の時のステータスが上記の画像なんですが、
それから比べると攻撃力を600以上盛れたぶんだけ
DPSもグッと上がっちゃってます!

あとは4凸から5凸にあげることで
必殺技のダメージ威力が今までは2~4万だったのが、
3~5万くらいと体感で1万くらい上乗せできました。

それでも他の優秀な武将と比べちゃうと少ないんですけど、
ゲージが溜まるのが速いので撃てる回数が多いのが良いですね。

ということで、星7麃公が手に入らなかったので
持ってる鬼神・麃公の魅力を味わってみたという企画でした(笑)

他にも5凸まで限界突破したい武将はいるので、
実際にやってみたらこんな風に紹介してみようと思います。

もし少しでも参考になったとしたらとても嬉しいです。

最後に僕が最近ハマっている面白いスマホアプリのトップ7を
ランキングにしてみたので、もしよかったらチェックしてみてください。
ハマるとヤバイ!じわっと面白いおすすめゲームアプリランキング!

ナナフラ(セブンフラッグス)が好きな方におすすめのアプリゲーム

それが三国覇王戦記!ナナフラと一緒に管理人がハマってるゲーム。
スマホ最高峰といわれるキャラグラフィックもとにかくスゴイ。
ただ張飛だけはおかしなことになってるので気をつけて(笑)

三国志アプリの革命といわれ、人気もきわめて高い作品です。

コチラからダウンロードできます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

では、またー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください