川崎フロンターレ年棒ランキング2019!総額と家長や憲剛と小林は?

川崎フロンターレの補強の目玉はブラジル人3人と山村和也?

こんにちは、フーゴです。

2019年のJリーグももうすぐ開幕します。

川崎フロンターレにはロンドン五輪の得点王である
レアンドロ・ダミアンや右SBのマギーニョなど
要所にブラジル人3人を補強しました。

さらにCB・ボランチ・トップ下・FWと
どこでもこなせる山村和也をセレッソから獲得。

昨季、連覇を果たした主力メンバーは
軒並み残留しているので戦力ダウンもなく、
選手層が分厚くなりました。

リーグ3連覇はもちろんのこと、
ACLやルヴァンカップに天皇杯など
全タイトル奪取を目標に掲げています。

そんな川崎フロンターレですが各選手の年棒や
その総額なども気になるところですよね。

そこで今回は川崎フロンターレの選手の推定年棒ランキング、
トップ11と総額についてまとめてみました。

果たしてレアンドロ・ダミアンや昨季MVPの家長昭博、
大黒柱の中村憲剛などは何位にランクインしているんでしょうか?

さっそく、ランキングをみてみましょう!

川崎フロンターレの年棒ランキング2019の第8位~第5位を発表!

なぜトップ11なのに8位からの発表かというと、
8位が4人もいたからです(笑)

推定年棒5000万円の選手が4人いて
8位・9位・10位・11位となっています。
(正確には8位タイって形ですね)

  • 山村和也
  • マギーニョ
  • 谷口彰悟
  • チョン・ソンリョン

この4選手ですが注目はブラジルからの刺客、
マギーニョ選手ですね。

昨季まで右SBの主力を務めていたエウシーニョが
清水に移籍したのでそのポジションに入るでしょう。

相手DFをぶっちぎるほどの圧倒的なスピードが特徴です。

第7位は阿部浩之(5500万円)

  • 生年月日:1989年7月5日(29歳)
  • 身長:170センチ
  • 体重:69キロ

前線からの献身的な守備とシュート力が魅力のアタッカー。
ポジション争いは熾烈だが攻守両面で欠かせない選手のひとり。

第6位は大島僚太(6000万円)

  • 生年月日:1993年1月23日(26歳)
  • 身長:168センチ
  • 体重:64キロ

ロシアワールド杯のメンバーにも選ばれたボランチ。
出場機会は訪れなかったがJリーグ屈指のテクニシャン。

第5位は齋藤学(6500万円)

  • 生年月日:1990年4月4日(28歳)
  • 身長:169センチ
  • 体重:66キロ

緩急をつけたドリブルが魅力のサイドアタッカー。
昨季はケガの影響もあり16試合の出場でしたね。

川崎フロンターレの年棒ランキング2019の第4位~第1位を発表!

第4位は小林悠(8000万円)

  • 生年月日:1987年9月23日(31歳)
  • 身長:177センチ
  • 体重:73キロ

主将なんですけど、よくポンコツいじりされてます。
得点感覚あふれるストライカーであり川崎のエースです。
ちなみに今年の目標は脱・ポンコツって書いてました(笑)

第2位はレアンドロ・ダミアン(1億円)

  • 生年月日:1989年7月22日(29歳)
  • 身長:187センチ
  • 体重:84キロ

インテルナシオナルから加入した、大型ブラジル人FW。
ロンドン五輪の得点王でもあるし、空中戦も強い。
松本山雅のエドゥアルドと仲が良いらしいです。

第2位は家長昭博(1億円)

  • 生年月日:1986年6月13日(32歳)
  • 身長:173センチ
  • 体重:70キロ

本田圭佑と同じ日に生まれた進化を続ける天才。
昨季のJリーグ年間MVPにも輝きましたよね。
強靭なフィジカルと攻撃センスが別格です。

第1位は中村憲剛(1億1000万円)

  • 生年月日:1980年10月31日(38歳)
  • 身長:175センチ
  • 体重:66キロ

川崎フロンターレといえば中村憲剛ですよね。
クラブと共に歩んできたバンディエラ(チームの中心的存在)。
そんなチームの顔でありベテランが第1位となりました。

川崎フロンターレの年棒ランキング2019まとめと総額は?

今回は川崎フロンターレの推定年棒ランキング2019ということで、
トップ11をランキング形式でまとめてみました。

  • 第1位 中村憲剛(1億1000万円)
  • 第2位 家長昭博(1億円)
  • 第2位 レアンドロ・ダミアン(1億円)
  • 第4位 小林悠(8000万円)
  • 第5位 齋藤学(6500万円)
  • 第6位 大島僚太(6000万円)
  • 第7位 阿部浩之(5500万円)
  • 第8位 山村和也(5000万円)
  • 第8位 マギーニョ(5000万円)
  • 第8位 谷口彰悟(5000万円)
  • 第8位 チョン・ソンリョン(5000万円)

リーグ3連覇を狙っているチームだけに、
良い選手が揃っていますよね。

クラブの選手全員の年棒総額は10億9920万円でした。

オフに欧州のサッカーに触れて多くのものを吸収してきた
鬼木監督が日本人監督として初の3連覇達成なるのか、
そのあたりも気になるところです。

Jリーグ開幕が待ち遠しいなぁー。

ということで最後にサッカーとは関係ないんですけど、
僕が今までプレイしてきた中で「本当に面白い!」と
心から思ったゲームだけをランキングにしましたので、
もしよかったらチェックしてみてください!

ハマるとヤバイ!じわっと面白いおすすめゲームアプリランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください