ナナフラ開眼「騰」の評価と強さは?鬼神化左慈と副官楊端和も!

ナナフラに新武将として開眼「騰」と鬼神化「左慈」が登場!

こんにちは、フーゴです。

2019年のリミテッドガシャ第4弾は、
開眼武将の「騰」が歩兵で来ましたね!

さらにキングダムの映画公開とからめてなのか、
ここにきて「左慈」が鬼神化しました。

副官の楊端和まできましたね(強そう!)

リミテッドガシャはステップアップガシャよりも
確定入手のハードルが高いので悩んでしまいますが、
今回のメンバーも絶妙なラインアップですね(笑)

そこで開眼「騰」・鬼神化「左慈」・副官「楊端和」
の強さや評価についてまとめてみました。

もしよかったら参考にしてみてください。

ナナフラの開眼「騰」(怪鳥支えし器)は必殺技がめちゃめちゃ強力?

鬼神化の騰(トウ)はそこまで評価は高くないですが、
今回の開眼可能な武将「騰」はどうでしょうか?

まずビックリしたのが必殺技の範囲の広さですね!

鬼神化の録嗚未や星7王騎が広範囲な必殺技で有名ですが、
それに匹敵するくらいの範囲の広さです。

しかも対象中心で円形なので使いやすいですし、
限界突破がすべて必殺技なのも期待大です。

大将と副官次第では即撃ちも可能な上に、
威力もかなり強いので重宝しそうですね。

大将としては隆国や鬼神化の壁&昌文君でも
いい副官をつければ即撃ちは十分に可能です。

この3つの大将キャラで汎用的に使えるというのが、
この開眼「騰」の大きな魅力だと思います。

おまけに攻撃力(対剣威力)バフや
状態異常耐性&防御のデバフまでついているので
必殺技に関してはかなり優秀といえるでしょう。

ナナフラの開眼「騰(怪鳥支えし器)」の大将技能や共闘技能は?

おまけにこの開眼「騰」は大将技能と
個人技能が封印系なので敵に回すと厄介です。

移動封印ってやられると凄く嫌なんですけど、
それプラス必殺技の封印まで持ってるなんて
いやらしい強さですね。

共闘技能の攻撃力アップ(大)に関しては、
約25%なので悪くはない感じです。

全体的にバランスの良い武将ですが、
1番の弱点は足の遅さかなー。

開眼後の移動速度175というのが、
やや低いのでスタートの遅れが気になります。

攻城戦では蒙驁のバフもかからないし、
足が遅いので城まで着くのに時間がかかりそうなので、
使いにくいのが残念といえば残念なところです。

ただ武将としては優秀なので開眼ランキングの
トップ10には入ってくる逸材だと思います。

>>関連記事 開眼おすすめ評価ランキング最新版!

ナナフラの鬼神化「左慈(力と速さ)」の強さや評価は?

鬼神化の渉孟もそうでしたけど、
この左慈も憎たらしい顔してますね!(笑)

移動速度は開眼「騰」より遅い110。

しかも盾兵なのに防御力も「騰」より劣るという、
なんだかなーという微妙なステータスですね。

この鬼神化・左慈は大将技能が一番
気になっていたポイントでしたが、
それも1凸で約18%と薄い感じでした。

たいしたことないですね。
大将として使うことはあまりなさそうです。

必殺技のバフも確率発動なのがまず痛くて、
毎回かかるわけじゃないんですよね。

倍率に関しては2.5倍以上はいくようなので、
かなりいいバフ率ではあるんですが
「自軍/王弟陣営」という対象がまたきっついです。

王弟陣営っていっても強いヤツが誰も浮かびません(笑)

このあとの映画公開にあわせて、
どんなキャラがくるのか次第ですが、
左慈にはあまり魅力は感じませんでした。

ナナフラの副官「楊端和」(仮面下の美貌)の評価と強さは?

この副官「楊端和」はいいですね!

今回の3人の中だと一番いいかもしれないです。

会心率アップ(大)もいいんですけど、
攻撃回避がつくのが魅力的ですね。

実際の回避力も高いようですし、
攻撃力や防御力も良い数値なので、
大戦略戦など使える場面が多そうです。

特効が終わっても活躍してくれそうなので、
この楊端和は欲しいですね。

総合的にみて良い副官だと思います!

ということで、今回はリミテッドガシャで登場した
開眼「騰」と鬼神化「左慈」や副官「楊端和」の
評価や強さを考察してみました。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

最後に僕が最近ハマっている面白いスマホアプリのトップ10を
ランキングにしてみたので、もしよかったらチェックしてみてください。
ハマるとヤバイ!じわっと面白いおすすめゲームアプリランキング!

ナナフラ(セブンフラッグス)が好きな方におすすめのアプリゲーム

それが三国覇王戦記!ナナフラと一緒に管理人がハマってるゲーム。
スマホ最高峰といわれるキャラグラフィックもとにかくスゴイ。
ただ張飛だけはおかしなことになってるので気をつけて(笑)

三国志アプリの革命といわれ、人気もきわめて高い作品です。

コチラからダウンロードできます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

では、またー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください