キングダム607話「総大将の対話」がヤバすぎ!みんなの感想は?

キングダム607話「総大将の対話」が予想の斜め上をいく展開に!?

こんにちは、フーゴ(@fugo222game)です。

2019年7月11日発売のヤングジャンプで、
キングダムの最新話である607話「総大将の対話」が掲載されました。

前回の606話では王翦がついに李牧兵のからくりを見抜き、
それを「起こり」という言葉で部下に丁寧に説明してましたね。

今まではどちらかというと寡黙で喋らなかった王翦が、
別人かのように配下たちとしゃべっていてビックリしました!

しかも李牧を自分と同じ怪物だって認定してましたからね。

本能型の武将の采配まで身につけた怪物・王翦と
李牧とのハイレベルな戦いは今後どうなるんでしょうか?

今回の記事ではそんなキングダムの最新話である
607話「総大将の対話」のあらすじネタバレ紹介や
みんなの反応&感想などを中心にまとめてみました。

ネタバレ内容を含んでいるので気をつけてください。

 キングダム607話「総大将の対話」の最新話あらすじネタバレ・前編!

前回の606話のあらすじについては、
下記の記事を参考にしてみてください。

>>関連記事 キングダム606話「起こり」で王翦が覚醒!みんなの感想も!

李牧軍の雷伯将軍は一転して敗報ばかりが続く状況に、
苦々しい思いを抱いています。

「おのれ、王翦め」と。

そんな中、優勢に立っている王翦は乱戦を解き、
左の田里弥軍へと転進する命令を出します。

その決断に驚く配下たちに王翦は告げます。

「面倒だ。まとめて決着をつける」と。

それは敵も味方も李牧でさえも予想しない展開で、
場の人間が思考停止になるほどの大奇襲でした。

その王翦の一手に対して李牧軍は混乱に陥ります。


(出典:キングダム607話「総大将の対話」 著者:原泰久 出版社:集英社)

あまりの急展開に知略を捨てて博打に出たかと
思うほどですがの展開ですが、李牧は動じません。

「王翦は博打には出ない」と。

王翦が何をやろうとしているのか分からない混沌の中、
次に次に部隊に指令を飛ばしていく王翦。

田里弥へは「鶴の中央を作れ」との命令が出ます。

なんと王翦は大混戦の中、戦いながら陣を作り上げていき、
ついに赤大鶴の陣をつくりあげることに成功します。

倉央はこの混乱の最中に王翦が陣をつくりあげたという
差はかなり大きいとみていますが、ここで異変が起こります。

なんと王翦が単騎で敵軍の前に姿をあらわしたのです。


(出典:キングダム607話「総大将の対話」 著者:原泰久 出版社:集英社)

キングダム607話「総大将の対話」の最新話あらすじネタバレ・後編!

李牧軍の前に単騎で姿をあらわした王翦に対し、
傅抵やカイネは「本物か?」と動揺しています。

それは味方も同じで王翦の意図がわかりませんが、
倉央や糸凌もすぐに助けにいける準備をしています。

そんな時、なんと李牧も王翦のもとに姿をあらわします。

「李牧だとォ!?」と田里弥や倉央が度肝を抜かれます。
ここにきて総大将同士があいまみえるなんて!

「初めましてですね、王翦」と声をかける李牧に対し、
「よく出てきたな」と告げる王翦。

それに対し「私と話したいのかと思いまして」と李牧は告げます。
そのあと李牧は王翦に対して降伏を促します。

ただ王翦はその言葉をはねのけます。
「間もなく鄴は落ちる」と。


(出典:キングダム607話「総大将の対話」 著者:原泰久 出版社:集英社)

そんな王翦の言葉に対して李牧は「鄴は落ちないし、
趙の160年の歴史の重みにかけてそんなことにはならない」

「鄴は決して軽くはありませんよ」と言い放ちます。

それに対して歴史の重みは関係なく、上に立つ者がバカであれば
それだけで国は亡ぶと語る王翦。

そして今の趙国の王はまさにそれであり、
李牧さえいなければ間違いなく趙は一瞬で亡ぶ。

それが「虚しくならぬか?李牧」と問いかけます。

どれだけ命がけで尽くしたとしても
上のせいでそれはどこにも実を結ばぬ、と。

そして「私と一緒に来い。お前が私と組み力を貸すなら
二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」と誘うのでした。


(出典:キングダム607話「総大将の対話」 著者:原泰久 出版社:集英社)

キングダム607話「総大将の対話」の感想やグッときたところは?(ネタバレあり)

今回の607話「総大将の対話」なんですけど、
王翦が奇襲をかけたところから予想外の連続でした。

まず絶対に負ける戦はしないという慎重すぎる王翦が、
単騎で李牧軍の前に姿をあらわしたのにビビりましたね。

何事か!?と。

そういったことは絶対にしないタイプだけに、
何が起こるのかと思って見守っていたら、
結局はいつものスカウト癖か、と(笑)

そういえば今までも王翦は有能な敵将を
スカウトする時だけノリノリになる人でした。

それをすっかり忘れてたんですけど、
こんな大舞台で李牧に対しても口説くっていうのは、
やっぱり王翦は相当ヤバイですね。だいぶ突き抜けちゃってます。

「きたよ!きたよーーー!!」っとめっちゃ面白かったです。

それに李牧との対話の中でも痛いところをついてます。
王に恵まれていないことが李牧の弱点でもありますしね。

絶対にフラれてしまうことは間違いないんですが、
それでも告る王翦のハートの強さにグッときました!

キングダム607話「総大将の対話」のベストシーン賞とみんなの反応は?(ネタバレあり)

今回の607話「総大将の対話」での
個人的なベストシーン賞はこのコマです。


(出典:キングダム607話「総大将の対話」 著者:原泰久 出版社:集英社)

王翦が天才的な頭脳を駆使して、
李牧をガッツリ口説いてるところですね。

いかに重要な存在であるかストレートに語っています。

「間違いなく」と「一瞬で」って言葉に、
王翦の熱い熱い想いを感じて選んでみました。

他にもベストシーンはたくさんあったんですが、
この深い真実の言葉がやっぱり重かったですね。

このキングダム607話「総大将の対話」のみんなの反応なんですが、
やはり予想外の展開に驚いたという声が多かったです。

王翦のキャラが全開に活きてました!これぞ王翦って感じです。
意外性に富んでいてビックリしましたね。

思わずタイトルにヤバすぎってつけちゃったんですけど、
「ヤバすぎる!!」って声も多かったです。鳥肌たちました!!

王翦の名言は深かったですね。トップが悪ければ滅びるというのは、
現代社会にも通じているようです。それにしても最近の王翦は語るなー(笑)

最高の展開でしたね!王翦が突き抜けてて面白いです。

ここ最近の流れで「王翦、天才じゃね!?」ってところからの、
急激な「王翦、おまえはバカか?」ってところが面白すぎます(笑)

ホント面白すぎますよねー。

田里弥・倉央・糸凌の3キャラはけっこうお気に入りキャラです。
この3人も王翦にガッツリ口説かれたのかもしれませんね(笑)

面白すぎという声が多かった中、一番興味深かった感想はこちら!

そうなんですよねー。これも王翦の策の可能性もあるし、
史実をふまえてそこまで考えると王翦の恐ろしさが際立ちます。

いやぁー、ここからも息を呑む展開がつづきそうですね。

ということで、今回は607話「総大将の対話」の
あらすじネタバレ紹介とみんなの感想や反応をまとめてみました。

少しでも何かの参考にしていただけると嬉しいです。

最後に僕が最近ハマっている面白いスマホアプリのトップ7を
ランキングにしてみたので、もしよかったらチェックしてみてください。

ハマるとヤバイ!じわっと面白いおすすめゲームアプリランキング!

キングダムが好きな方におすすめのアプリゲーム

それが三国覇王戦記!キングダムセブンフラッグスと一緒に管理人がハマってるゲーム。
スマホ最高峰といわれるキャラグラフィックもとにかくスゴイ。
ただ張飛だけはおかしなことになってるので気をつけて(笑)

三国志アプリの革命といわれ、人気もきわめて高い作品です。

コチラからダウンロードできます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

では、またー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください