キングダム608話で仁が活躍!李牧&王翦へのみんなの感想も紹介

キングダム608話「中央軍の勝ち目」はすべて秦軍右翼に託された!?

こんにちは、フーゴです。

2019年7月25日発売のヤングジャンプで、
キングダム最新話である608話「中央軍の勝ち目」が掲載されました。

前回の607話「総大将の対話」では
王翦と李牧がなんと単騎同士で対話しましたよね。

「初めましてですね、王翦」と声をかけた李牧に
「よく出てきたな」と王翦は告げました。

李牧は王翦に対して降伏を促しましたが、
王翦はそんな言葉をはねのけたあと逆に李牧に
「(愚王のもとで)虚しくならないのか?」と問います。

そして、いつものスカウト癖を発動し、
「私と一緒に来い」と誘ったのでした。

うぉぉぉ、めっちゃ続きが気になる!!!

ということで、今回の記事ではキングダムの最新話である
608話「中央軍の勝ち目」のあらすじネタバレ紹介やベストシーン、
感想やみんなの反応などを中心にまとめてみました。

ネタバレ内容を含んでいるので気をつけてください。

キングダム608話「中央軍の勝ち目」の最新話あらすじネタバレ・前編!

前回の607話のあらすじについては、
下記の記事を参考にしてみてください。

>>関連記事 キングダム607話「総大将の対話」がヤバすぎ!みんなの感想は?

李牧軍のカイネや傅抵などは王翦の
驚愕の提案に対して動揺しています。

しかも秦軍の大将軍のくせして
「国をつくる」ということまで踏み込んで、
話をしていることに驚きが止まりません。

それに対して李牧が答えたのは、
「あなたは国を亡ぼすことはできても
国を生み出すことはできない人間です」という
王翦という人間の本質的な部分でした。

さらに王翦がこの場にいる誰よりも
愚かな人間だと李牧は言い放ちます。


(出典:キングダム608話「中央軍の勝ち目」 著者:原泰久 出版社:集英社)

王翦はその李牧の挑発的な言葉に対して、
「それが応えか、李牧。あえて報われぬ道を選ぶか」と
より深い次元で問いかけをつづけます。

「報われぬとかそういう話ではないのですよ」

王翦が言うように李牧の双肩には趙国の命運がかかっており、
だからこそどんな苦境でも李牧は全てをかけて戦うことができます。

それが大義であり、己を最上におく歪んだあなたには
理解はできないでしょうが、と李牧は応えます。

それを「悲痛な叫びにしか聞こえぬ」と切り捨てる王翦。

李牧と王翦の対話はどこまでも平行線で、
ついに決別の時を迎えます。


(出典:キングダム608話「中央軍の勝ち目」 著者:原泰久 出版社:集英社)

キングダム608話「中央軍の勝ち目」の最新話あらすじネタバレ・後編!

両軍は再び激突しましたが、
その混沌の中で王翦と李牧は同じ想いを抱きます。

「お前に(あなたに)勝ち目はない」と。

王翦は秦軍右翼が抜けてくることを確信しているし、
李牧はそうさせないことを確信しています。

そんな秦右翼の戦場では信が負傷により、
苦しんでいて本調子に戻れずにいます。

趙峩龍との一戦が想像以上に重かったのです。

そんな信の分まで頑張って戦っている我呂ですが、
十槍の第三槍「平秀」に対して苦戦しています。


(出典:キングダム608話「中央軍の勝ち目」 著者:原泰久 出版社:集英社)

十槍の第三槍「平秀」にトドメを刺されそうになった
我呂ですが、そこに救いの矢が届きます。

その矢は平秀の腕を貫き、
それによって我呂は十槍を打ち破ります。

弓矢兄弟の兄・仁の矢が届いたのです。

しかしそんな窮地を救った仁は連日の戦闘により、
腕も弓も限界がきています。

兄がそれだけ奮闘しているのをみている弟の淡ですが、
その矢はどうしても敵に当たりません。

そんな淡に対して「今はムリに撃たなくていい」と
声をかけてあげる仁。だけど兄ちゃんと約束しろ。

「兄ちゃんが撃てなくなったらその時は代わりにお前が撃て」と。

そして復活した王賁と尭雲との
宿命の再戦が今にも始まろうとしています。


(出典:キングダム608話「中央軍の勝ち目」 著者:原泰久 出版社:集英社)

キングダム608話「中央軍の勝ち目」の感想や今後の考察は?(ネタバレあり)

今回の608話「中央軍の勝ち目」なんですけど、
王翦と李牧の対話のつづきから始まりました。

王翦の驚愕の提案に対して、乗るわけない李牧が
どんな断り方をするのかと思っていたら、
ズバッと王翦の本質を突いてきましたね。

おまえはバカか、と。
ここにいる人のなかで一番バカだと。

「いくらなんでも言い過ぎじゃね!?」って思いましたけど、
そのぐらい2人の価値観に乖離があったのが印象的でした。

李牧が丁寧に自分の想いを説明していても、
「悲痛な叫びにしか聞こえぬ」って王翦も言ってましたしね。

ただ最終的にそれぞれが秦軍右翼の戦況に対して、
確信をもっているところからの飛信隊の登場は
とても痺れる展開でした。

弓矢兄弟が気になっていた僕としては
活躍してくれて嬉しかったです(我呂も好き!!)。

淡はまだ覚醒してませんが、そのフラグが立ってましたね。
いつか信が本当のピンチに陥った時、淡の弓が救うのかも!

そんな展開も楽しみです。頑張れ!淡!!

キングダム608話「中央軍の勝ち目」のベストシーン賞とみんなの反応は?(ネタバレあり)

今回の608話「中央軍の勝ち目」」での
個人的なベストシーン賞はこのコマです。

弓矢兄弟の活躍を待っていた身としては、
このコマをみたときに「来たー!!」っと思いましたね。

そのあとの2人の会話も兄弟愛を感じてよかったし、
我呂がすぐに誰の弓か気づいていたのも良かったです。

仁はプルプルと震えて、息も荒かったですが、
その描写でかなり奮闘していることが伺えましたね。

ようやく秦軍右翼の戦いへとフォーカスされるので、
これからの飛信隊の活躍が本当に楽しみです。

このキングダム608話「中央軍の勝ち目」のみんなの感想ですが、
まずは王翦の誘いへの李牧の答えについてですね。

たしかに火の玉ストレートでディスってました(笑)
両軍の兵士が聞いてる中での発言なんで面白かったです。

なかなかのカウンターでしたね。ただ王翦は勧誘が趣味みたいなもんなので、
相手にされないのも慣れてそうな気がします。そういう意味ではかなりタフっぽい!

両方とも怪物であり傑物なのは間違いないっすね。

我呂カッコよかったですね。好きなキャラなんで活躍すると嬉しい!

来週からは飛信隊の活躍がもっと見れそうでワクワクしますね。
それと王賁対尭雲の対決も気になるところです。

ということで、今回は608話「中央軍の勝ち目」の
あらすじネタバレ紹介とみんなの感想や反応をまとめてみました。

少しでも何かの参考にしていただけると嬉しいです。

最後に僕が最近ハマっている面白いスマホアプリのトップ7を
ランキングにしてみたので、もしよかったらチェックしてみてください。

ハマるとヤバイ!じわっと面白いおすすめゲームアプリランキング!

キングダムが好きな方におすすめのアプリゲーム

それが三国覇王戦記!キングダムセブンフラッグスと一緒に管理人がハマってるゲーム。
スマホ最高峰といわれるキャラグラフィックもとにかくスゴイ。
ただ張飛だけはおかしなことになってるので気をつけて(笑)

三国志アプリの革命といわれ、人気もきわめて高い作品です。

コチラからダウンロードできます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

では、またー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください